公益財団法人 向日市埋蔵文化財センター

財団設立30周年記念展示「埋(うず)もれた文字~長岡京の墨書土器~」

財団設立30周年記念展示「埋(うず)もれた文字~長岡京の墨書土器~」

向日市が全国に誇る考古資料として、長岡京出土の文字資料があります。なかでも墨書土器は、その出土点数の多さから、同時代の文献史料と肩を並べ得る潜在価値を有します。当財団では、設立30周年にあたり、長岡京出土の墨書土器の集成を行い、文字(内容、形態、書き方)、土器(種類、記載位置、特徴)、出土状況などの基本情報をまとめました。この成果をもとに、長岡京出土の墨書土器を中心に、木簡・漆紙文書など、乙訓地域で出土した「文字が書かれた遺物」を一堂に集め、文字の歴史における8世紀末の様子を紹介します。

 

会  期 H30年9月1日(土)~10月8日(月・祝)

会  場 向日市文化資料館(阪急東向日駅から徒歩約8分、JR向日町駅から徒歩約15分)

開館時間 10:00~18:00(入館17:30)、入館無料

休 館 日 月曜日(祝日の場合は翌日)・毎月1日(土・日・月曜の場合は翌火曜日)


記念講演会 「土器に文字を書くこと」

講師 吉川 真司氏(京都大学大学院文学研究科教授)

日時 平成30年9月29日(土) 14:00~16:00

会場 向日市文化資料館2F研修室

参加費無料、申し込み不要