公益財団法人 向日市埋蔵文化財センター

史跡長岡宮跡朝堂院公園

約1200年前の都・長岡京(784~794年)の中心部である長岡宮には、大極殿(天皇が政務を司どる場)や内裏(天皇の住まい)、朝堂院(国儀の場)など、国の重要な施設が置かれていました。その一部は発掘調査によって確認され、国の史跡に指定されています。このうち、朝堂院の西第四堂跡と南門にとりつく楼閣跡を含む3,452.83㎡が史跡公園として整備され、平成22年に一般公開されました。

園内の案内所では、案内員が常駐し史跡解説をしていますのでお気軽にお声がけください。
また、ご自身のスマートフォンやタブレット端末上で、現在の風景と長岡宮の建物を重ねあわせて見ることができるアプリケーション「AR長岡宮」(無料)を利用することができます。

fukugen

アクセス

  • 阪急京都線 西向日駅西口より北へ徒歩1分
  • 公園には駐車場がありません。ご来園の際は、公共の交通機関をご利用ください。

案内所の利用案内

  • 利用時間
    毎日 午前10時~12時・午後1時~5時(年末年始、夏期に不定休)
  • 史跡解説
    随時対応。団体見学をご希望の場合は、当財団までお問い合わせください。
    公益財団法人向日市埋蔵文化財センター(TEL 075-931-3841/FAX 075-931-4004)
  • 古代衣装の貸出
    古代衣装の貸出(女官2着、雑色3着)をしています。
    公園内での写真撮影等にご利用ください。
  • ペーパークラフト
    長岡宮大極殿、朝堂院南門などを250分の1サイズに仕上げたペーパークラフトです。AR長岡宮を体験していただいた方に差し上げます。
    pe
  • タブレットの貸出
    アプリケーション「AR長岡宮」をインストールしたタブレットの貸出をしています。
    団体でご利用の場合は、向日市教育委員会文化財調査事務所までお問い合わせください。

向日市教育委員会 文化財調査事務所(TEL 075-931-9901)