公益財団法人 向日市埋蔵文化財センター

イベント情報

公益財団法人向日市埋蔵文化財センタ-では、さまざまな普及啓発活動を行っています。平成16年度から開催している市民考古学講座は市内外から多くの方にご参加いただいています。

市民考古学講座・講演会

平成29年度市民考古学講座(後期)

『考古学の通説を見直す~向日市発、重大発見の成果から~』

当財団が30年にわたり行ってきた発掘調査のなかには、考古学の通説に見直しをせまる重大な発見もありました。今回の講座では、特に話題性の高かった成果を再考し、新たな歴史像を描きます。

第4回 講座「唐王朝への憧憬~長岡宮「翔鸞楼」と門闕構造の源流~」 10月21日(土) 募集中

第5回 見学会「復原された古代建築を見直す~平安神宮と京都御所~」   11月25日(土) 受付終了

第6回 講座「古代朝政の変革~長岡宮内裏の配置構造から~」 12月16日(土)   募集中


[講座・講演会]
会場 向日市文化資料館2階研修室(阪急東向日駅西口から徒歩8分、JR向日町駅から徒歩15分)
14:00~16:00(開場13:00)
要申し込み、定員80名(先着順)

[見学会]
集合:10時、平安神宮応天門前(京都市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車、北へ徒歩5分)
解散:17時、京都アスニー(予定)
要申し込み、定員40名(先着順)
市民考古学講座第5回講座(見学会)

[申し込み方法]
希望する講座、氏名、参加人数、連絡先を記入の上、FAXか郵便でお申し込みください
10月2日(月)受付開始。受付後にFAXか電話でご連絡いたします。
当方から連絡なき場合は、お手数ですがお問い合わせくださいますようお願いいたします。
申込用紙(市民考古学講座後期)

平成29年度市民考古学講座第3回 『最古の古墳を見直す-纏向古墳群と箸墓古墳-』(見学会)

開催日  平成29年9月30日(土) 小雨決行、雨天中止の場合は順延予定

集 合  JR桜井線巻向駅 午前9時

解 散  JR三輪駅 午後4時30分(予定)

参加費  交通費、見学料は各自負担

  • 歩きやすい服、靴、弁当、飲み物、雨具などをご用意ください。
  • 健康状態の優れない方はご遠慮ください。
  • 天候、交通事情によりコースを変更することがあります。

[予定コース] ①纏向石塚古墳→②勝山古墳→③矢塚古墳→④東田大塚古墳→⑤箸中イヅカ古墳跡→⑥箸墓古墳→⑦ホケノ山古墳→⑧狐塚古墳→⑨茅原大墓古墳→⑩桜井市立埋蔵文化財センター→⑪大神神社


平成29年度市民考古学講座(前期)

『考古学の通説を見直す~向日市発、重大発見の成果から~』

当財団が30年にわたり行ってきた発掘調査のなかには、考古学の通説に見直しをせまる重大な発見もありました。今回の講座では、特に話題性の高かった成果を再考し、新たな歴史像を描きます。

第1回 「古墳から王族の系譜を読み解く」(講座)  6月25日(日)

第2回 「古墳出現期土器づくりの復原」(講座) 7月22日(土)

第3回 「最古の古墳を見直す~纒向古墳群と箸墓古墳~」(見学会) 9月30日(土)

講演会 「古墳と国家形成」 講師 下垣仁志氏(京都大学大学院准教授) 7月2日(土)


[講座・講演会]

会場 向日市文化資料館2階研修室(阪急東向日駅西口から徒歩8分、JR向日町駅から徒歩15分)

14:00~16:00(開場13:00)  要申し込み、定員80名(先着順)

[見学会]

詳細は後日、お知らせいたします。 要申し込み、定員40名(先着順)

[申し込み方法]

希望する講座、氏名、参加人数、連絡先を記入の上、FAXか郵便でお申し込みください。受付後にFAXか電話でご連絡いたします。当方から連絡なき場合は、お手数ですがお電話くださいますようお願いいたします。

6月5日受付開始。申込数が定員に達しましたので、受付を終了いたしました。

講座申込用紙(平成29年度)

展示

平成29年度調査研究成果展 講演会「古墳時代の埋葬と系譜意識」

講師:清家 章 氏(岡山大学大学院文学研究科教授)

日時:平成29年10月7日(土) 午後2時~4時(開場 午後1時)

会場:向日市文化資料館 2階 研修室 

阪急東向日駅から徒歩8分、JR向日町駅から徒歩15分

定員 80名、申し込み不要、先着順、参加無料

平成29年度調査研究成果展『先祖の記憶-古墳時代の祖霊観-』

京都盆地で最初に築かれた大型前方後円墳である五塚原古墳は、墳丘に埴輪が並べられていませんでした。しかし、その外周では埴輪を棺に転用した埋葬が行われています。使用された埴輪は、古墳築造後100年も経過したころに製作されたものとみられ、古墳時代のひとびとの祖霊観や系譜意識を重要な事例となります。古墳の被葬者が埋葬れた後にいかなる扱いをうけ、子孫はどのようにして先祖とのつながりを示そうとしたのか、埴輪棺や追葬・改葬資料から古墳時代の人々の意識にせまります。


会期:平成29年9月2日(土)~10月9日(月・祝)

会場:向日市文化資料館1階ラウンジ 入館無料

開館時間 午前10時~午後6時(入館 午後5時30分) 

休館日  9月4・11・19・25日、10月2・3日

京都府向日市寺戸町南垣内40-1 

阪急東向日駅西口から徒歩8分、JR向日町駅から徒歩約15分


 

その他イベント